新入会員紹介

【新入会員紹介】谷山徹様

谷山と申します。このたびは会員に加えていただき、ありがとうございました。現在、人生の第4コーナー辺りを走っています。無理のないよう、ゆるめに走っています。

さて、私は1978年から1984年の間の約4年をドイツ南部で過ごしました。最初はミュンヘン郊外のグラーフィングという町で下宿生活を送っていました。地元のドイツ語学校へ通うために。

グラーフィングは人口1万3000人ほどの小さな町で、冬は凍てつく寒さ。教会がいくつかあり、昼となく夜となく、遠くで近くで鐘の音。ゴーンゴーン。カーンカーン。腹に応える重低音。頭に響く金属音。「これがドイツか」と、初めは強く異文化を感じたものでしたが、やがてこれらの音にも慣れ、ドイツビールも口に合うようになりました。

あれ以来40年以上が経ち、今は大学で留学生に日本語を教えています。ドイツ留学の経験が今、役立っているように感じています。

関連記事

  1. 【新入会員紹介】別所雄輝様
  2. 【新入会員】藤原 弘明 様
  3. 【皆様、宜しくお願い致します】
  4. 【新入会員紹介】河南麻紀 様
  5. 【新入会員紹介】巽 貴彦 様
  6. 【新入会員紹介】川上善司 様
  7. 【新入会員紹介】箱守 喜満子 様
  8. 【新入会員紹介】能登 智彦 様

コメント

  1. 御入会おめでとうございます。広報担当理事の岡本です。今後共、宜しくお願い申し上げます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  2. 第4回ドイツ・ナレッジセミナーの報告
  3. 日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ

おすすめ記事

《読書案内》「反時代性」ゆえの「先見の明」―野田宣雄(竹中亨・佐藤卓己・瀧井一博・植村和秀編)『「歴史の黄昏」の彼方へ』―

先月の12月19日、筆者は京都市左京区の「清風荘」で門番を務めていました。この日…

PAGE TOP