ドイツ四方山話

  1. ベルリンの中の日本―麗しく快き夏の季節―

    「ベルリンの夏は美しい Berliner Sommer ist schön」。このような言葉を幾度となく耳にしてきました。緯度の高い北ドイツの6~8月は、蒸し暑い西日本のそれと比べれば、遥かに過ごしやすいものです。メールやネットで日本在住の…

  2. ベルリンの中の日本―異邦で迎える花の季節―

    明るい空に、心地良い風。日は夜22時頃まで完全には沈まず、朝4時頃には薄明るくなってきます。こんなに…

  3. フランクフルト国民議会(1848~1849年、ウィキメディア・コモンズより)

    《読書案内》戦後を生きた歴史家の古き良き「ドイツ史」—坂井榮八郎『ドイツの歴史百話』―

    大阪日独協会の会報が電子化され、紙幅に制限がなくなったことから、筆者が2020年7月より「読書案内」…

  4. 《読書案内》ドイツの生活風景を読む―久保田由希/チカ・キーツマン『ドイツの家と町並み図鑑』―

    2019年の秋からベルリン自由大学 Freie Universität Berl…

  5. 《読書案内》再構成される道程、残された分断―板橋拓巳『分断の克服 1989-1990』―

    冷戦の象徴だった「ベルリンの壁」が崩壊し、東西ドイツが統一されてから、早くも三十…

  6. 《読書案内》ドイツ農業史家が提供する、緊張感のある読書体験―藤原辰史『歴史の屑拾い』―

  7. 《読書案内》孤独を恐れず、古きに尋ねる―佐藤真一『ランケと近代歴史学の成立』―

  8. 《読書案内》信仰と科学との間で思索すること―クルト・ノヴァク(加納和寛訳)『評伝 アドルフ・フォン・ハルナック』―

  9. 《読書案内》殿下は何しに日本へ?―山中敬一『プロイセン皇孫日本巡覧と吹田遊猟事件』―

  10. 《読書案内》「友好」という名の「伝統」と向き合うために―ルプレヒト・フォンドラン(鈴木ファストアーベント理恵・小野竜史訳)『日独友好の橋を架けたドイツ人たち』―

おすすめ記事

【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】

新しい大阪・神戸ドイツ総領事が今年7月に着任されました。新しい総領事はMartin Eber…

PAGE TOP