ドイツ四方山話

  1. 《読書案内》「鉄血宰相」が岩倉使節団に語ったこと―飯田洋介『グローバル・ヒストリーとしての独仏戦争』

    今年は1871年のドイツ統一から150周年。その2年後の1873年、帝都ベルリンへやって来た日本の岩倉使節団に対して、ドイツ帝国宰相オットー・フォン・ビスマルク Otto von Bismarck(1815-98)がこう言いました。「国際法…

  2. 《読書案内》あの時、人は確かに「英雄」を見た―樺山紘一『《英雄》の世紀』

    昨年12月、偉大な音楽家ルートヴィヒ・ファン・ベートホーフェン Ludw…

  3. 《読書案内》どうしてカントとゲーテの国でヒトラーが?―野田宣雄『ドイツ教養市民層の歴史』

    「学問と芸術の豊かなドイツで、どうしてヒトラーのような独裁者が権力を握ったのか」…

  4. ⑥ローザ・ルクセンブルクのための記念碑

    《読書案内》ベルリンに名を残す女性革命家―姫岡とし子『ローザ・ルクセンブルク』

    ローザ・ルクセンブルク広場ベルリン都心部に聳える荘厳な灰色の建物…

  5. 貴方の「ドイツ」は何処から?―南直人・谷口健治・北村昌史・進藤修一編『はじめて学ぶ ドイツの歴史と文化』

    ①ドイツ連邦軍の軍楽儀礼(Großer Zapfenstreich)私の「ドイツ」は軍楽…

  6. 【私とトラバント :ドイツ統一30周年にあたり「走る段ボール車」の真実】

  7. 《読書案内》30年後から見た「再統一」―アンドレアス・レダー(板橋拓己訳)『ドイツ統一』

  8. 【京都大学大学院法学研究科の西谷祐子教授がシーボルト賞を受賞されました】

  9. 《読書案内》かつて「ドイツ」だった場所の歴史を書くこと―衣笠太朗『旧ドイツ領全史』

  10. 《読書案内》【ナチスに接近した稀代の思想家―蔭山宏『カール・シュミット】

おすすめ記事

【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】

新しい大阪・神戸ドイツ総領事が今年7月に着任されました。新しい総領事はMartin Eber…

PAGE TOP