新入会員紹介

【新入会員紹介】巽 貴彦 様

この度日独協会に加入いたしました巽 貴彦(たつみ よしひこ)です。
私は東西ドイツ統一前と統一後の2度、ハンブルク、デュッセルドルフ、ニュルンベルク
、ミュンヘンなど計7都市で延べ13年余りドイツに滞在しておりました。時には周りはす
べてドイツ人ということもありましたが、多くのドイツ人に助けてもらい楽しい時間を送
ることができました。しかしながら2度目に帰任した2002年以降はアジア担当となり、ド
イツ出張もドイツ語を使う機会も全くなくなってしまい、そのまま4年前に定年を迎えて
しまいました。定年退職後は何もせず毎日のんびりしていたのですが、苦労も含めて充実
していたドイツ駐在時代を時々思い出し、またドイツ語でも勉強し直そうかと思っていた
矢先、本協会の存在を知り、即入会申し込みをした次第です。
私にとってドイツは第2の故郷と思っており、今、久々にそのドイツに触れ合うことがで
きるという喜びでワクワクしています。ただドイツの知識も会話力も20年前の過去の産物
ごとく錆びついたままですので、これからは本協会の活動に参加することにより、徐々に
復活できればと思っていますので、今後何卒宜しくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 【新入会員紹介】箱守 喜満子 様
  2. 【新入会員紹介】奥谷 浩子 様
  3. 【新入会員紹介】小川匡哉 様
  4. 【新入会員紹介】谷山徹様
  5. 【新入会員紹介】野本 宗耶 様
  6. 【新入会員紹介】能登 智彦 様
  7. 【新入会員紹介】鈴木 麻奈 様
  8. 【新入会員紹介】竹内昭二様

コメント

  1. 巽様
    御入会おめでとうございます。ドイツに12年間おられたとの事ですが、私も期せずして通算12年間ドイツにおりました。
    今後、いろんな場面でお会いできると思いますので、宜しくお願い申し上げます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  2. 第4回ドイツ・ナレッジセミナーの報告
  3. 日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ

おすすめ記事

《読書案内》孤独を恐れず、古きに尋ねる―佐藤真一『ランケと近代歴史学の成立』―

如何にもドイツ語風の、ランケという文字列。筆者がこれを知ったのは、高校世界史の授…

PAGE TOP