新入会員紹介

【新入会員紹介】ニッツ文・イザベル 様

 Guten Tag!
 この度大阪日独協会に入会させていただきましたニッツ 文・イザベルと申します。

 神戸市出身で、ドイツ人の父と日本人の母の元、日独の文化を両方学び、感じながら成長しました。
2013年に兵庫県立芦屋国際中等教育学校を卒業するまで、OAGドイツ東洋アジア研究協会の神戸支部を管理しておりました両親と共に関西圏にドイツ文化を広げる活動に尽力いたしました。

 卒業後、家族と共にドイツへ移住し、ゲッティンゲン大学に進学しました。在学中は法学や英米文学、中国語を学ぶ傍ら、
両親が営む和食屋で日本文化をドイツに広めてまいりました。ドイツで過ごした8年間は私にとってかけがえのないものとなり、私の礎となっています。2022年2月に大学院を修了後日本に帰国し、現在は大阪・梅田で呉服の仕事をしております。

 日常的にドイツ語を話す機会が減ってしまったことを残念に感じ、また日本にいるドイツと関わりのある方々とのご縁を持てましたらと思い、日独協会に入会させていただきました。

 ドイツが好きな方々と出会えることを嬉しく思うとともに、ポップカルチャーやファッションが好きなので、その方面での日独交流のお手伝いができれば幸いです。よろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【皆様、宜しくお願い致します】
  2. 【新入会員紹介】奥谷 浩子 様
  3. 【新入会員紹介】能登 智彦 様
  4. 【新入会員紹介】別所雄輝様
  5. 【新入会員紹介】井内 琢斗 様
  6. 【新入会員】藤原 弘明 様
  7. 【新入会員紹介】巽 貴彦 様
  8. 【新入会員紹介】竹内昭二様

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  2. 第4回ドイツ・ナレッジセミナーの報告
  3. 日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ

おすすめ記事

《読書案内》孤独を恐れず、古きに尋ねる―佐藤真一『ランケと近代歴史学の成立』―

如何にもドイツ語風の、ランケという文字列。筆者がこれを知ったのは、高校世界史の授…

PAGE TOP