日墺関係

  1. 《読書案内》多民族帝国が崩壊するとき―大津留厚『さまよえるハプスブルク』―

    大阪市の大正区には、第一次世界大戦中の1914年11月から1917年2月まで、「大阪俘虜収容所」という施設がありました。これは中国の青島や南洋諸島で日本軍が捕虜にしたドイツ軍の将兵などを収容する場所で、同様の施設が日本各…

おすすめ記事

【アウグスブルグ大学の学生さんの来日です】

2023年10月7日アウグスブルク大学の学生16名が関西を訪問して、大阪日独協会との交流会を開催しま…

PAGE TOP