冷戦

  1. 《読書案内》想い出の国を語る―森田安一『スイスの歴史百話』―

    仕事柄、ドイツ国籍の方々と接することの多い筆者。しかし、筆者が生涯初めて接したドイツ語話者は、スイス人のジモン・エルトレ先生 Herr Simon Oertle でした。筆者が大学1年生だった頃、先生は大阪市立大学文学部…

  2. 《読書案内》「反時代性」ゆえの「先見の明」―野田宣雄(竹中亨・佐藤卓己・瀧井一博・植村和秀編)『「歴史の黄昏」の彼方へ』―

    先月の12月19日、筆者は京都市左京区の「清風荘」で門番を務めていました。この日…

  3. 《読書案内》鉄道を巡る戦後ドイツ史-鴋澤歩『ふたつのドイツ国鉄』-

    ドイツの首都ベルリンの中心部には、「フリードリヒ通り…

おすすめ記事

【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】

新しい大阪・神戸ドイツ総領事が今年7月に着任されました。新しい総領事はMartin Eber…

PAGE TOP