新入会員紹介

【新入会員紹介】奥谷 浩子 様

 はじめまして、12月より入会させて頂きました奥谷浩子と申します。三重県出身の音楽家です。ウィーン夏期講習への参加や、モーツァルトの”魔笛”等が、ドイツ語に親しむきっかけでした。

 卒業後はハンガリーを経て、ベルリンに留学させて頂きました。通貨がドイツマルクからユーロに変わり、ドイツの首都がボンから移転した頃です。現地ではピアノ演奏のほか、より幅広く音楽を識りたいと願い、ベルリン工科大学にて音楽学を学びました。音楽家としての礎を育み、学生から社会人になっていく時期を過ごしたドイツは、まさに第二の故郷です。帰国後は学んだ事を社会に還元してゆきたい、という想いで、地道に仕事を続けています。

 ベヒシュタインピアノ輸入総代理店に勤務の後に独立し、ピアノ教室、演奏、ドイツ語通訳等を細々と続けて参りました。8月より大阪に転居して来ましたので、新しい土地で人とのつながりを求め、日独協会に入会させて頂きました。機関紙を拝見しただけで、留学時代が一気によみがえり、懐かしい気持ちで一杯です。ドイツを接点とし、社会への視野を拡げられますよう、皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 【新入会員】西村 隆夫 様
  2. 【新入会員紹介】別所雄輝様
  3. 【新入会員紹介】小川匡哉 様
  4. 【新入会員紹介】巽 貴彦 様
  5. 【新入会員紹介】伊藤 夫佐子 様
  6. 【新入会員紹介】河南麻紀 様
  7. 【新入会員紹介】鈴木 麻奈 様
  8. 【新入会員】藤原 弘明 様

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  2. 第4回ドイツ・ナレッジセミナーの報告
  3. 日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ

おすすめ記事

《読書案内》殿下は何しに日本へ?―山中敬一『プロイセン皇孫日本巡覧と吹田遊猟事件』―

今から140年以上前の1878年(明治11年)。開国したばかりの頃の日本に、ドイ…

PAGE TOP