行事報告

第3回ドイツナレッジセミナー

2018年11月28日に、大阪日独協会の主催により第3回ドイツナレッジセミナーが開かれました。講師は大阪日独協会の学生会員であり、京都大学大学院の文学研究科修士課程一回生の林祐一郎さんです。皆さんは、ドイツへの旅と聞いて何を連想なさるでしょうか。例えば、中世のお城、ロマンティック街道、ビールや肉料理などがあげられるかもしれませんね。こうした意見が大半でしょう。そこで林さんはドイツの深い部分を紹介するために、題材にベルリンの街を選んでその光と影を紹介してくれました。そこには軍事大国としてのプロイセンの繁栄や、その影の部分としてナチスの暗い歴史が潜んでいました。

関連記事

  1. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  2. オンラインSprachtischを開催しました。
  3. 12月のオンラインSprachtischを開催しました
  4. 11月の定例会を開催しました
  5. 【ドイツの洪水被害への義援金】
  6. 【2020年・新年会を開催しました!!】
  7. 10月のオンラインSprachtischを開催しました
  8. ひさしぶりにSprachtischを開催しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  2. 第4回ドイツ・ナレッジセミナーの報告
  3. 日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ

おすすめ記事

《読書案内》「反時代性」ゆえの「先見の明」―野田宣雄(竹中亨・佐藤卓己・瀧井一博・植村和秀編)『「歴史の黄昏」の彼方へ』―

先月の12月19日、筆者は京都市左京区の「清風荘」で門番を務めていました。この日…

PAGE TOP