行事報告

【ドイツとのSprachtisch ・コロナウイルス禍での国際交流】

大阪日独協会は日頃から、日独交流の推進に努力しておりますが、最近のコロナウイルス禍で交流活動の機会が減少しています。この状況に危機感を頂いた会員から、ZOOMで繋ぐ日独交流の意見が盛り上がり、毎月第3土曜日の19時(ドイツ時間12時)にドイツの若人との意見交換を楽しんでいます。御興味のある方は振るって御参加下さい。

写真は7月18日のZOOM交流会の模様です。

広報担当理事 岡本幸治

 

【Internationaler Sprachtisch-Austausch in der Coronavirus-Situation】

Die Japanisch-Deutsche Gesellschaft Osaka bemüht sich täglich, den japanisch-deutschen Austausch zu fördern. Aber die Anzahl der Austauschmöglichkeiten hat sich aufgrund des erhöhten Ansteckungsfällen in der Coronavirus-Pandemie in Japan wieder verringert. Einige Mitglieder fühlen sich durch die Situation bedroht. Aber die grundsätzliche Stimmung unter den Mitgliedern, sich weiterhin auszutauschen, ist durchwegs positiv.

Und so bleibt uns in diesen Zeiten nur der Kontakt per ZOOM.

Wir genießen es, jeden 3. Samstag im Monat um 19.00 Uhr JST (12.00 Uhr MESZ) Ansichten, Ideen und Standpunkte mit jungen Deutschen auszutauschen. Sie sind herzlich eingeladen, sich uns anzuschließen!

Das Foto zeigt das ZOOM-Austauschtreffen vom 18. Juli.

Yukiharu.K.Okamoto, PR-Direktor

 

関連記事

  1. 11月の定例会を開催しました
  2. 秋の夜長、お部屋で楽しむSprachtisch
  3. 【在関西日独協会合同新年会が2年ぶりに開催されました】
  4. 【大阪日独協会のクリスマス会が盛大に挙行されました】
  5. 12月のオンラインSprachtischを開催しました
  6. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  7. 第3回ドイツナレッジセミナー
  8. Sprachtischを開催しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  2. 第4回ドイツ・ナレッジセミナーの報告
  3. 日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ

おすすめ記事

《読書案内》「反時代性」ゆえの「先見の明」―野田宣雄(竹中亨・佐藤卓己・瀧井一博・植村和秀編)『「歴史の黄昏」の彼方へ』―

先月の12月19日、筆者は京都市左京区の「清風荘」で門番を務めていました。この日…

PAGE TOP