行事報告

ドイツ深掘りマンガ大賞パネル展

ドイツ総領事館が日独交流160周年を記念して昨年実施したドイツ深掘りマンガコンクールの受賞作品と惜しくも受賞を逃した作品の一部がパネルになり、その展覧会が大阪市役所(淀屋橋)の1階ロビーで開催中です。期間は、8月29日から9月2日まで。この展覧会は、大阪市の後援を受け、経済戦略局立地交流推進部で都市間交流を担当する木戸係長並びに山田氏に多大なご協力を頂きました。広い空間ですので密にならずゆっくりご覧いただけます。市役所を訪れた方が熱心にご覧になっていました。

漫画は、ドイツでもMangaとして人気があり、若い世代から圧倒的に支持されています。アニメ、マンガから日本に興味を持つドイツ人も増えてきました。これからの文化交流の一つの形としてご覧いただければ幸いです。

 

関連記事

  1. 【2020年・新年会を開催しました!!】
  2. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  3. 今年最後のSprachtischを開催しました
  4. 2022年度総会報告
  5. 【ドイツとのSprachtisch ・コロナウイルス禍での国際交…
  6. 第3回ドイツナレッジセミナー
  7. 3月のオンラインSprachtischを開催しました
  8. 【ドイツの洪水被害への義援金】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  2. 第4回ドイツ・ナレッジセミナーの報告
  3. 日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ

おすすめ記事

《読書案内》殿下は何しに日本へ?―山中敬一『プロイセン皇孫日本巡覧と吹田遊猟事件』―

今から140年以上前の1878年(明治11年)。開国したばかりの頃の日本に、ドイ…

PAGE TOP