特集

豊橋日独協会創立30周年記念式典

豊橋日独協会は、日独交流130年の1991年に設立され、去年が30周年でしたが、コロナ禍で記念式典の開催が見送られ、祝賀行事は1年延期されました形となりました。

 午前11時に始まった記念式典は、豊橋市交響楽団のメンバーが演奏する日独両国の国歌の演奏で始まり、続いて神野吾郎会長(在豊橋ドイツ連邦共和国名誉領事)の挨拶、Dr.フィーツェ・ドイツ連邦共和国大使館首席公使の挨拶、全国日独協会連合会事務局長の柚岡氏(公益財団法人日独協会常務理事)の挨拶、浅井豊橋市長の挨拶と続きました。Dr.フィーツェ公使は、豊橋にかけて「豊橋は、日独友好の架け橋」と日本語で挨拶されました。その後、豊橋日独協会の30年の活動を振り返るビデオが上演されました。先代の会長で現会長の父上である神野氏(故人)、西島副会長の父上であり、同じく副会長だった西島篤師氏(故人)などの懐かしい方々が映し出され、この場にいらっしゃらないのが寂しかったです。ビデオ上映の後は、再び豊橋市交響楽団の演奏でメンデルスゾーン、ブラームスの小品、並びに普段は吹奏楽で演奏されるベルリンの風が演奏されました。オーケストラの演奏で聴いたのは初めてです。オーケストラバージョンもなかなか良いものだと思いました。
 記念式典の後は、祝賀会に移り、ドイツの有名なビール、エルディンガーがあり、ドイツを懐かしく思い出しました。とても立派な記念式典で学ぶ点も多くありました。各地の日独協会から出席された方々とも旧交を温めてきました。(記・事務局・和田)

写真左:神野豊橋日独協会会長、写真右:Dr.フィーツェドイツ連邦共和国首席公使

関連記事

  1. 【コロナ危機と日本・ドイツの対応】日本とドイツ・EUはなぜ協力す…
  2. 会員の窪田純子様よりのご寄付
  3. 大津日独協会創立15周年祝賀会
  4. 【私がみた東ドイツ ドイツ統一30周年にあたり】谷舗 秀樹

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  2. 第4回ドイツ・ナレッジセミナーの報告
  3. 日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ

おすすめ記事

《読書案内》孤独を恐れず、古きに尋ねる―佐藤真一『ランケと近代歴史学の成立』―

如何にもドイツ語風の、ランケという文字列。筆者がこれを知ったのは、高校世界史の授…

PAGE TOP