日独関係

  1. 《読書案内》日本ドイツ学への「異議申立」―今野元『ドイツ・ナショナリズム』―

    先月の11月11日。第一次世界大戦の終わりを記念するこの日、私の姿は神戸市立外国人墓地にありました。そこでは午前11時半から「戦没者のための仏独共同記念式典」が催され、フランス共和国総領事のジュール・イルマン Jules…

  2. 《読書案内》多民族帝国が崩壊するとき―大津留厚『さまよえるハプスブルク』―

    大阪市の大正区には、第一次世界大戦中の1914年11月から1917年2月まで、「…

  3. 《読書案内》「鉄血宰相」が岩倉使節団に語ったこと―飯田洋介『グローバル・ヒストリーとしての独仏戦争』

    今年は1871年のドイツ統一から150周年。その2年後の1873年、帝都ベルリンへやって来た日本の岩…

おすすめ記事

【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】

新しい大阪・神戸ドイツ総領事が今年7月に着任されました。新しい総領事はMartin Eber…

PAGE TOP