行事報告

日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ

大阪日独協会とバイエルン独日協会のパートナーシップ締結を記念し、5月24日の夕、東梅田協会にて「日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ」と題するコンサートが開催されました。
演奏は、バイエルン独日協会理事でもあるプロのチター奏者、Willi Huber(編曲家名Willi März)氏と、大阪出身のチェロ奏者、林はるか氏、作・編曲家でありピアノ奏者の林そよか氏の姉妹による独日トリオで、演奏曲目は、日本とドイツの名曲で、民謡からクラシック曲まで幅広く多彩に渡りました。チター、チェロ、ピアノのトリオはとても珍しく、選曲や編曲、それらの構成の妙も加わり、加えて3者とも多くの多彩なCDを出している熟練の音楽家であり、タイトル通り、多くの音楽ファンにとって未体験とも言える、文字通り本当に独日協演の美しい響きが楽しめるコンサートとなりました。
このようなコンサートが今回限りとならず、日独の多くの音楽家が参加していける末永く続くものとなって欲しいという願いと期待も大いに高まりました。

関連記事

  1. アウグスブルク大学学生との交流会
  2. 第4回ドイツ・ナレッジセミナーの報告
  3. 【大阪日独協会2020年度総会が開催されました】
  4. 【大阪日独協会第4回ゴルフ同好会コンペが開催されました】
  5. Sprachtisch開催しました。
  6. 【駐日ドイツ連邦共和国Lepel大使の特別講演会が開催されました…
  7. 秋の夜長、お部屋で楽しむSprachtisch
  8. 4月のオンラインSprachtischを開催しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  2. 第4回ドイツ・ナレッジセミナーの報告
  3. 日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ

おすすめ記事

《読書案内》「反時代性」ゆえの「先見の明」―野田宣雄(竹中亨・佐藤卓己・瀧井一博・植村和秀編)『「歴史の黄昏」の彼方へ』―

先月の12月19日、筆者は京都市左京区の「清風荘」で門番を務めていました。この日…

PAGE TOP