行事報告

2019年度ビアアーベント

会員となって二度目の夏、7月29日(月)のビアアーベントに参加致しました。昨年の会場はフェスティバルタワーウエストでしたが、今年は毎月Stammtischが開かれているアサヒスーパードライ梅田での開催でした。
ビアアーベントさながら「ドイツ」と「ビール」という共通のキーワードで集まった参加者のみなさんと打ち解け合い、年齢や性別や職業に関係なく楽しいドイツ仲間と一緒に新鮮なアサヒビールやワイン、ドイツ料理にドイツパンを堪能できました。また、当日は自宅横の畑で栽培しているブドウを提供させていただきました。みなさん喜んで召し上がってくださり、生産者として非常に嬉しく思いました。 あまり知られていませんが、大阪は日本有数のブドウ生産地でもあり、このような地元の名産品についても皆さんに少しでも知ってもらい日独交流のネタとして使って頂ければありがたく思います。
しかしながら、知っている方で参加されていらっしゃらない方も数多くいらっしゃいました。この点だけが、敢えてあげるならば、少し残念に感じたところです。数字でみると、参加人数は昨年55名(前年度末会員数213名、参加率26%)、今年38名(前年度末会員数197名、参加率19%)となり、参加人数17名減で参加率7%ポイント減だそうです。こんな素晴らしい会に、来年はもっと多くの方が参加され、より盛会となりますよう強く願います。最後に、非常に楽しい会を企画してくださった理事の皆様および関係された皆様に感謝致します。

関連記事

  1. 【初めてのON LINE SPRACHTISCH】 【初めてのON LINE SPRACHTISCH】
  2. 日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ
  3. 5月のオンラインSprachtischを開催しました
  4. 【駐日ドイツ連邦共和国Lepel大使の特別講演会が開催されました…
  5. 11月の定例会を開催しました
  6. 【大阪日独協会2020年度総会が開催されました】
  7. 6月のオンラインSprachtischを開催しました
  8. 【2020年9月8日Sprachtisch が開催されました。】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  2. 第4回ドイツ・ナレッジセミナーの報告
  3. 日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ

おすすめ記事

《読書案内》「反時代性」ゆえの「先見の明」―野田宣雄(竹中亨・佐藤卓己・瀧井一博・植村和秀編)『「歴史の黄昏」の彼方へ』―

先月の12月19日、筆者は京都市左京区の「清風荘」で門番を務めていました。この日…

PAGE TOP