ドイツ四方山話

【ドイツの記念切手のお話】

ドイツの記念切手
切手を集める趣味はないのですが、切手を収集する趣味は、それぞれの国の文化や歴史を示すなかなか奥深い趣味だそうです。

会員の中には、興味を持たれる方がおられるかもしれないと思い、時にご紹介したいと思いましたのでご紹介致します。
今年、2020年は、ベートーベンの生誕250年に当たるそうで、年頭からベートーベンに関する記念コンサートやイベントもたくさん計画されておりました。

生誕地のボンや彼が活躍したウイーンのみならず、日本でも様々なコンサートが計画されていましたが、2月以降、コロナウイルス感染が世界中で拡大の一途をたどり、

コンサートやイベントが軒並み中止や延期に追い込まれております。ドイツでは、この記念行事を1年延期して2021年までとするそうですが、コロナ問題が早く収束されることを願っています。

上の切手は、ベートーベンの生態250念を記念して発行されたものです。

下の切手は、去年発行されたもので、クララ・シューマンの生誕200年を記念したものです。ピアニストとして著名だった彼女の記念切手らしく、肖像画の右にはピアノが描かれています。

関連記事

  1. 【猫にヒゲ、メルセデス・ベンツには耳!】
  2. 《読書案内》日本ドイツ学への「異議申立」―今野元『ドイツ・ナショ…
  3. 《読書案内》時間感覚から見たドイツ政治史―クリストファー・クラー…
  4. 《読書案内》どうしてカントとゲーテの国でヒトラーが?―野田宣雄『…
  5. 《読書案内》「蠢き」の帝国史―A. J. P. テイラー(倉田稔…
  6. 《読書案内》かつて「ドイツ」だった場所の歴史を書くこと―衣笠太朗…
  7. 【ベルリンの中の日本―「混沌の都」で出逢った日本人たち】
  8. 《読書案内》知的巨人の二つの顔―野口雅弘『ウェーバー』と今野元『…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  2. 第4回ドイツ・ナレッジセミナーの報告
  3. 日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ

おすすめ記事

《読書案内》「反時代性」ゆえの「先見の明」―野田宣雄(竹中亨・佐藤卓己・瀧井一博・植村和秀編)『「歴史の黄昏」の彼方へ』―

先月の12月19日、筆者は京都市左京区の「清風荘」で門番を務めていました。この日…

PAGE TOP