ドイツ四方山話

【京都大学大学院法学研究科の西谷祐子教授がシーボルト賞を受賞されました】

当協会の会員で京都大学大学院法学研究科の西谷祐子教授が今年のシーボルト賞を受賞されました。この賞は日独の文化・社会の相互理解に貢献し、学問業績の優れた日本の研究者に贈られるものです。本来ならドイツの大統領府で授賞式があるのですが、今年は新型コロナウイルスにより渡航ができない為、表彰式は先日ドイツ大使館にて行われました。西谷教授、おめでとうございます。益々の御活躍をお祈り申し上げます。 広報担当理事 岡本幸治

関連記事

  1. 【猫にヒゲ、メルセデス・ベンツには耳!】
  2. 《読書案内》日本ドイツ学への「異議申立」―今野元『ドイツ・ナショ…
  3. 【ドイツの記念切手のお話】
  4. 《読書案内》多民族帝国が崩壊するとき―大津留厚『さまよえるハプス…
  5. 【私とトラバント :ドイツ統一30周年にあたり「走る段ボール車」…
  6. 《読書案内》「円」と「場」が織り成す人々の交わり―上山安敏『神話…
  7. 《読書案内》「友好」という名の「伝統」と向き合うために―ルプレヒ…
  8. 《読書案内》孤独を恐れず、古きに尋ねる―佐藤真一『ランケと近代歴…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  2. 第4回ドイツ・ナレッジセミナーの報告
  3. 日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ

おすすめ記事

《読書案内》孤独を恐れず、古きに尋ねる―佐藤真一『ランケと近代歴史学の成立』―

如何にもドイツ語風の、ランケという文字列。筆者がこれを知ったのは、高校世界史の授…

PAGE TOP