ドイツ四方山話

【京都大学大学院法学研究科の西谷祐子教授がシーボルト賞を受賞されました】

当協会の会員で京都大学大学院法学研究科の西谷祐子教授が今年のシーボルト賞を受賞されました。この賞は日独の文化・社会の相互理解に貢献し、学問業績の優れた日本の研究者に贈られるものです。本来ならドイツの大統領府で授賞式があるのですが、今年は新型コロナウイルスにより渡航ができない為、表彰式は先日ドイツ大使館にて行われました。西谷教授、おめでとうございます。益々の御活躍をお祈り申し上げます。 広報担当理事 岡本幸治

関連記事

  1. 《読書案内》ドイツの生活風景を読む―久保田由希/チカ・キーツマン…
  2. 《読書案内》「蠢き」の帝国史―A. J. P. テイラー(倉田稔…
  3. 在外研究の本懐―暗い冬の日独交遊記―
  4. 《読書案内》多民族帝国が崩壊するとき―大津留厚『さまよえるハプス…
  5. 《読書案内》「友好」という名の「伝統」と向き合うために―ルプレヒ…
  6. 欧州チャレンジとドイツでの出会い ―UTSUWAプロジェクト@B…
  7. 《読書案内》想い出の国を語る―森田安一『スイスの歴史百話』―
  8. 《読書案内》時間感覚から見たドイツ政治史―クリストファー・クラー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. クリスマス祭が盛大に挙行されました
  2. 【アウグスブルグ大学の学生さんの来日です】
  3. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】

おすすめ記事

☆☆全国日独協会連合会総会報告☆☆

今年(2024年)の全国日独協会連合会総会は、2024年4月18日~20日まで鳴門日独友好協会を主幹…

PAGE TOP