ドイツ四方山話

【京都大学大学院法学研究科の西谷祐子教授がシーボルト賞を受賞されました】

当協会の会員で京都大学大学院法学研究科の西谷祐子教授が今年のシーボルト賞を受賞されました。この賞は日独の文化・社会の相互理解に貢献し、学問業績の優れた日本の研究者に贈られるものです。本来ならドイツの大統領府で授賞式があるのですが、今年は新型コロナウイルスにより渡航ができない為、表彰式は先日ドイツ大使館にて行われました。西谷教授、おめでとうございます。益々の御活躍をお祈り申し上げます。 広報担当理事 岡本幸治

関連記事

  1. 《読書案内》ドイツと日本の「現代史」を振り返る-中井晶夫『二つの…
  2. 貴方の「ドイツ」は何処から?―南直人・谷口健治・北村昌史・進藤修…
  3. 【ベルリンの中の日本―「混沌の都」で出逢った日本人たち】
  4. 《読書案内》かつて「ドイツ」だった場所の歴史を書くこと―衣笠太朗…
  5. 《読書案内》日本ドイツ学への「異議申立」―今野元『ドイツ・ナショ…
  6. 【ドイツの記念切手のお話】
  7. 《読書案内》「ナチズム」が「”国民”社会…
  8. 欧州チャレンジとドイツでの出会い ―UTSUWAプロジェクト@B…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 【新しい大阪・神戸ドイツ総領事が着任されました】
  2. 第4回ドイツ・ナレッジセミナーの報告
  3. 日独響演:響き合うチター・チェロ・ピアノ

おすすめ記事

《読書案内》「反時代性」ゆえの「先見の明」―野田宣雄(竹中亨・佐藤卓己・瀧井一博・植村和秀編)『「歴史の黄昏」の彼方へ』―

先月の12月19日、筆者は京都市左京区の「清風荘」で門番を務めていました。この日…

PAGE TOP